美術館めぐり

title
TOP >>構築中
いい美術館よくない美術館

皆さんは美術館と聞いてどのようなところを思い浮かべるでしょうか。

ルーブル

まずは絵画そして彫刻が殆どでしょう。
それら以外にもたくさんのジャンルの美術館が点在しています。

もしお出かけする際に美術館を良い、悪いで選ぶとすれば
どこに判断基準があるのでしょうか。

まず考えてしまうことがセンス等の見た目で判断してしまうことです。

でも展示内容は幅広いジャンルがあり人それぞれ好みも違いますし、
一般の人が見て何でもなくても
学術的に素晴らしいものであることもよくあることから
見た目で判断することはおすすめ出来ません。

見た目ではないとすると判断基準は他に何があるか、
それは美術館を管理する館員の態度です。

確かに美術館はお店ではなく、館員は接客業ではありません。
知識の豊富なプロの方達が美術品を管理しています。

だからこそ冷たい表情をされたり嫌な言葉を言われて
もう二度とくるものかと
不快な気持ちにさせられてしまうことが多々あるのです。
これでは感動も何もかも台無しです。

逆に気持ちのあたたかい対応は設備が多少古くてもそれを忘れさせ、
そこの価値を高めてくれるといえます。

もし行きたい美術館があれば、
昨今はネット等で評判をあらかじめ調べることができますから
先に調べておくと良いでしょう。

美術館の入館料というよりは、通常旅費のほうが高くついてしまいます。

それでも遠方まで足を伸ばしてまで訪れる魅力が
それぞれの美術館にはあるのです。

趣味に働いたお金をつぎ込む人が多い現代ですが、
女性が即日キャッシングする方法も数多くあるので
一度魅力にどっぷりと浸かってみてください!

メニューリスト










Copyright (C) 美術館めぐりが趣味の私が美術館めぐりを楽しむコツを教えちゃいます! All Rights Reserved.